CX-5 買取

車査定で走行距離は査定でどれくらい影響するのか?

 

距離がかなり伸びている車に乗られている方も多いのではないでしょうか。

 

一般的に、走行距離が多すぎると査定が付かない等と言われているので、
走行距離が多い車に乗られている方は、査定前に少し自分の車に対して、
期待が持てないような状態になっていらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、本当に走行距離で査定額が変わるのでしょうか。

 

そこで、今回は査定をする際に走行距離が伸びている車は
どれくらい査定が下がってしまうのかについてお話いたします。

 

 

走行距離が査定に影響する理由

 

冒頭でもお話した走行距離ですが、本当に査定が下がるのかというと、確かに下がります。

 

走っている車の方が、年中止まっている車に比べたら調子よく乗れると言われる方も多いかと思います。

 

確かに、沢山走っている車は、エンジン内のオイルが下がっておらず調子が良い事が多いです。

 

しかし、この走行距離が理由で査定が下がってしまうのには理由があるのです。

 

例えば、走行する際に車の心臓ともいえるエンジンがフル回転します。

 

そうする事でエンジン内の摩耗というのは、激しくなるのです。

 

例えば、エンジンには地位からを蓄えて爆発させる為にピストンがあります。

 

このピストンの周りの事をピストンリングと言い、ちょうど注射器の様な感じでピストン運動を行います。

 

そのピストンが高速で動きますから勿論ピストンリングに掛かる負荷は相当なものです。

 

その為中にはピストンリングの摩耗により、オイルがエンジン内に流れ込み、
ガソリンと一緒に燃焼するなどの不調が発生するような事が起きるのです。

 

この様に走行距離が伸びている車は、車の主要部品への負荷が掛かり、
損傷の恐れがあるとして昔から人々に牽制されてきました。

 

その為査定が下がってしまうというせつもあります。

 

中古車販売店に5年落ち10万キロと書いてある車と7年物5万キロと書いてある車があります。

 

皆さんはどちらを購入しますか?

 

私は10万キロの車を購入しますが、ほとんどの方の場合5万キロの車を購入されるのではないでしょうか。

 

それはおそらく、先ほどお話した、故障する恐れがあるからという事に結びつくのでしょうが、
この様に購入する人が少ないのも査定価格が安くなる理由なのです。

 

 

走行距離で査定はどれくらい変わる?

 

では走行距離によって査定価格はどれくらい変わってしまうのでしょうか。

 

実は、一概には言えません。

 

査定する際には車のクラスや使用年月等の車両の状況も考慮して査定をします。

 

敢えて言うならば10万キロで普通車の5年物の場合にはおそらく10〜15万円ほど下がります。

 

5年落ち20万キロの車だと、どうでしょうか、20〜25万円と言ったところではないでしょう。

 

でも実際のところ、さすがに今の車が良くできていると言っても
20万キロ走っている車を購入したいと思う方が居るかというのも考慮しますので。

 

ひょっとすると、もっと下がるか、値段が付かないなんて事にもなってしまう可能性があるのです。

 

この様に比較的年数の経っていない車であっても20万キロを超えてしまうと、
車種によっては、値段が付かないと言ったものも出てきてしまいます。

 

やはりそれは、需要と供給のバランス性なので、
今後20万キロの車でも買うという方が多くあらわれると査定の金額は上がるかもしれません。

 

しかし、だからと言って長距離を乗らないというような選択はしないようにしましょう。

 

折角買った車ですので、もしまだ査定に出す予定が無い方は
今という時間を愛車と一緒に楽しみましょう。